木の葉のように

今年になって観葉植物を育て始めました。

<仕事> 涙か汗かもわからない

私の一番初めの仕事は、事務職です。

いわゆる設計・開発というジャンルにいました。

当然ながら作業はしましたが、ほとんどがソース作りや資料作成でした。

 

2番目に携わったのは、調査の仕事です。

光ケーブルの工事の図面作成・工費算出等を担当してました。

これも資料作成・CADでの図面作成です。

 

3番目が全く違う、運送業界での作業員です。

これは肉体労働で荷造りや、客先への荷下ろし等をしていました。

この時に初めてフォークリフトを運転・免許取得しました。

 

4番目が現場代理人です。

色々と訳があって、除染の現場に配属されました。

親に唯一「さっさと辞めなさい!」と言われた職場です。

 

5番目が今の作業員。

念のため業種は伏せます。

 

こんな事をなぜわざわざ書くのか、ですが・・・・?

私のモチベーションがだだ下がっているからです。

 

4番目→5番目の転職時に私は思いました。

自分が安全管理をしている業者さんは、凄く格好良かったな、と。

本当は全員そうあって欲しいのですが、現実問題は違いますね。

私が持っていた現場の業者さんも、実際変わり者も多かったですし揉め事なんて日常茶飯事でしたし・・・。

 

はっきり言ってきつい、辞めたいと思うことが多くなっている現在です。

おそらくは一番劣悪なのが、人間関係だからですね。

一番面倒臭くなかったのは、3番目か4番目です。

共通しているのは、あっさりとしている事です、後に引き摺らない事です。 

アカギ?闇に降り立った天才 1

アカギ?闇に降り立った天才 1

 

何日かまえに偶然カイジ(アニメ)の再放送を見てしまいまして。

昨日寝る前に福本さん繋がりで、アカギを見てしまいました。

1番目の職場の仲間達とよく遊んだ麻雀。

あの時にギャンブルのダメさ加減を知っていて良かったです。

このマンガでの名台詞は大体狂気の沙汰なものが多いですが、

「なんでもっとスカッと生きねえかな」

というセリフが一番好きです。

 

そして心の中で周りに問いかけています。

『人の噂、脚色、印象操作。

 人格否定・強要。

 プライベートの暴露・過干渉。

 何でそんな事をするんだろう。

 何でもっとスカッと生きられないんだろう。』

 

恐らくこれは今の職場だけでなく、今までの職場全てに多少なりと内在しているものです。

ですが、今の職場では頻度が多く、加減を知らない方が多いです。

加減とは、ここまでいったらダメだろう、ここまでは強制しないでおこうという、

人間の判断力に基づいた尺度の事と考えています。

尺度を調整出来ない方は、人間としてその目が曇っています。

 

長々と書きましたが、正直この先どうなるかなんてわからないです。

ただしこの職で生涯飯を食うんだ!これしかないんだ!

という状況にならないように頑張っていこうと思います。

選択肢を減らす人生は、全く余裕がないように思えますので・・・。